人工音は害になります。人間が求める響きは身体を震わせる音響免疫療法の響きです。
清新世界 健康生活

『心臓』の鼓動を助ける身体への骨導音の響きは疲れた『心臓』を若返らせ生命力を 蘇らせます

私たち人間は、「心臓」の鼓動・脈動を高め、血流を良くし、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱で、身体を温め、血液の磁気を高める、血液循環、磁気発電エネルギーシステムで、生命を維持します。人間の血液の磁気エネルギーに学び、世界で初めて、リチウムイオン電池に替わる、新しい磁気エネルギー蓄電システムを、開発しています。

心臓の鼓動を強化し 血液循環機能を良くし 血液の磁気を高める
世界で初めての ゼロ磁場音響免疫療法

心臓の鼓動と脈動を高める、映画・テレビ・音楽の脊髄への響きは、血流を良くすることで、血液(強磁性鉄イオン)との摩擦熱で血液が発熱、赤血球(強磁性鉄イオン)の磁気を高めます。西洋医学は血液の磁気を研究しないのが不思議です。血液の磁気を研究すると、糖尿病・高血圧で血液を汚し、血液が錆びる、薬が投与できないからです。人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kgその中で1/3は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは、2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。赤血球(ヘモクロビン)は「釘」と同じように錆びるのです。赤血球と毛細血管は同じ大きさです。血管との摩擦熱で、ドロドロの血液をサラサラに浄化、血液の磁気を高めます。毛細血管との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化 毛細血管を若返らせます。毛細血管の若返りは、目や腎臓の排尿機能を高めます。血液は酸素とブドウ糖と結合し、血液を酸化させます。赤血球と毛細血管との摩擦熱は、血液を黒鉄(二価鉄)に変え磁気を高めます。

血液をサラサラにし血流を良くし 体質を変えます

生活習慣病:糖尿病・高血圧・肥満の血液の病の患者に病院は、「血糖降下剤」「血圧降下剤」「コレステロール低下剤」を投与、薬漬けにし、血液を汚し、血管や臓器に障害を引き起こし、更なる病状を悪化させます。中華人民共和国衛生部は、血液の病に薬を投与しない方法を指導します。血液を汚すことが病状を悪化させるからです。日本のメタボリックシンドローム特定検診の収縮期最大血圧基準を180mmHg から130mmHgに基準を下げました。患者を増やし、「血圧降下剤」を売る為です。日本の糖尿病対策は狂っています。

毛細血管と赤血球は同じ大きさ血管と血液の摩擦熱で血液を温め血管を若返らせます

人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。
血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした。赤血球(ヘモグロビン)です。血液も「釘」と同じ様に錆びます。

心臓の鼓動・脈動を高める羊水の響きは赤血球と毛細血管(赤血球と毛細血管は同じ大きさ)との血流による摩擦熱で血液を温め、血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ、血液循環機能を高めます。毛細血管の若返りは腎臓の排尿機能を高めます。

● 心臓の鼓動を高めるゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法の心臓への響きは、マラソン選手の鼓動を高める運動効
果で、糖尿病・高血圧・肥満で汚れた血液の血流を良くし、血管と血液との摩擦熱でドロドロに汚れた血液を
温めサラサラにし血流を即効的に良くします。
● 心臓の鼓動を高める羊水の響きは、血流を強化。血管との摩擦熱は、血液を温め、血流を良くし血管内皮細
胞を活性化。血管を若返らせます。
● 血液は、強磁性の鉄イオンを含みます。心臓の鼓動を高める響きは血液と血管との摩擦熱で、血液の磁気を
高め、錆びた血液を黒鉄(二価鉄)に変え血液の磁気作用を高めます。
● 心臓の鼓動を高め、血流を強化する映画・テレビ・音楽の脊髄への響きは、血管と血液の摩擦熱で、血管内
皮細胞を活性化、毛細血管を若返らせます。血管年齢の若返りは、腎臓・肝臓・心臓・膵臓などの臓器が活
性化し機能を若返らせます。
● 胃、小腸、大腸を39.2℃に温める羊水の響きは、腸の消化酵素が活性化。消化機能が高まり、腸の有害物や
脂肪と糖分の吸収を抑えます。

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、低血圧、糖尿病、腎不全、アトピー、C型肝炎、リュウマチ、痛風、肝硬変、痔、椎間板症、更年期障害、バセドウ病、不妊症、骨粗鬆症

トップへ戻る