人工音は害になります。人間が求める響きは身体を震わせる音響免疫療法の響きです。
清新世界 健康生活

釈迦の 仏教は 諸行無常の鐘 チベタンボウルの 身体への 倍音の響きで心と身体を 幸せにし 病気を 治していたのです響きは 病を治す 最先端医学

釈迦は 2600年前 ヒマラヤ(ネパール)のゼロ磁場の地磁気の強い断層地帯で生まれたと言われています。
イエス・キリストは 2020年前(西暦)空白の17年間が謎に包まれた期間が存在します。
13歳?29歳までの間、イエス・キリストは何処で何をしていたのか 実はイエス・キリストは 仏教僧イッサ(ISSA)だったのです。
インド北部ダック地方レーにある 仏教院で発見した書物 聖イッサ伝に 高いレベルに達したイエスという僧侶の子供がいた 歴代のダライ・ラマを凌ぐレベルの 魂の磁気を持つ霊性を備えた「神の子」だったと言われています。
イエス・キリストはインド、チベット、アフガニスタンを旅し、チベットの断層地帯を心と身体で感じ磁気療法 手当と 十字架現象を学んだのです。

釈迦は2600年前、磁気の強いチベットの、断層地帯、ゼロ磁場で生まれました。
諸行無常の鐘、チベタンボウルの倍音の激しい身体への響きは、血液の強磁性鉄イオンの磁気を高め、悟りの境地に導き、心と身体を幸せにし、病を治していたのです。

釈迦は、諸行無常の鐘の倍音の響きで悟りの境地に導かれました。チベット密教、チベタンボウルの鐘の倍音の響きは、5000年の歴史です。鐘の響きは、心の神 魂を呼び覚まし、心を幸せにし、病を治していたのです。倍音と呼ばれる鐘の、水の波紋の響きと、胎児を育てる羊水の響きは、電子レンジの電磁波の波紋の響きと同じです。羊水の倍音の響きで、胎児を38℃に温め、汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。倍音の響きは、空気より水の中が伝わります。身体は水分80%です。耳の感覚器官ではなく、急所脊髄の感覚器官、中枢反射神経への倍音の鐘の響きは、頭蓋骨を緩め、身体を38℃に温め、ドロドロに汚れた、血液をサラサラに浄化します。身体への倍音の響きは、西洋医学の薬を超えた、病を治す自己免疫療法です。

釈迦の仏教の教えは 鐘の響きで 頭蓋骨と骨盤を震わせ病を治す 医学と 宗教の原点

諸行無常の お寺の鐘の響きを 脊髄に聴かせる ゼロ磁場 音響免疫療法は悟りの境地で心と身体を幸せにします

急所脊髄に鳴り響く、ゼロ磁場音響免疫療法の 諸行無常の 鐘の激しい響きは、身体共鳴現象で 身体が発熱。心と身体を健康にし、熱に弱いがん細胞を消滅させます。
急所への響きは、脳内麻薬の麻酔覚醒作用は 心と身体を幸せにし、悟りの境地に導きます。
釈迦が感じた諸行無常の激しい 鐘の響きは、病を治す西洋医学の 薬を超えた最善の方法だったのです。

釈迦の仏教の教えは 諸行無常の 鐘の響きで 身体を震わせ
心と身体を幸せにし 病を治す 医学の原点

釈迦が伝えたかったのは、諸行無常の鐘の響きで身体を震わせ、悟りの境地に導き、心と身体を幸せにし、健康にすることです。
除夜の鐘、108回の響きは煩悩を消し去り、悟りの境地に導きます。お寺の鐘、仏具のおりん、チベタンボウルは、栄の時代中国から日本に渡来しました。

自分の声は、耳を塞いでも、自分の声は聴こえます。耳の感覚器官でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)の響きで聴覚で感じるのです。空気の伝える、耳の鼓膜への音は、言葉・方向・危険・距離を感じ、生きるための音です。急所脊髄の感覚器官への、骨導音の激しい響きは、感動・興奮を呼び覚まし、生存本能を高め病を治します。耳でなく、倍音の響きを、骨導音で脊髄に聴かせる、世界で初めての音響チェアを開発しました。諸行無常の鐘、チベタンボウルの倍音の鐘の響きを、骨導音で脊髄に響かせる音響免疫療法は、釈迦の仏教の教えに学び、心を幸せにし、病を治すのです。耳で聞くスピーカーの人工の電子音は、心と身体の害になります。

チベタンボウルの鐘の響きで頭蓋骨を緩め 心を幸せにし病を治す チベット密教の音楽療法は 5000年の歴史

中国に現存する、5000年の歴史を持つ最古の医学書『黄帝内経』に、チベタンボウルの倍音の鐘の響きで心を幸せにし、病気を治したと伝えられています。チベタンボウルは金・銀・鉄・銅・鉛・錫・水銀・の7種類の金属で作られ、それぞれの違う共鳴の響きを発生させます。

諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の響きは「倍音」と呼ばれる、身体の骨と水分と共鳴する波紋の水の響きです。響きは空気より、水中が伝わります。人間の身体は、水分80%です。身体を震わせる、骨導音の倍音の響きは、頭蓋骨・脊髄・骨盤を緩め、脳への血流を良くし、心と身体を幸せにし、病を治していたのです。

日本の仏教は 日蓮聖人は 797年前(西暦1222年)親鸞聖人は 846年前(西暦1173年)の歴史の浅い宗教です

釈迦の仏教の原点は、ゼロ磁場 磁気エネルギーと、諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の倍音の響きで、血液の磁気を高め、心と身体を幸せにし、病を治すことです。

釈迦は仏像信仰とお経信仰を説いていません。イエス・キリストの手当てと同じように磁気療法を行っていたと考えられます。一人の相手に合わせ対機説法でその場所で、生体磁石の磁気エネルギーを高め、その人に適した真理の言葉で語られ、磁気共鳴で心を伝える磁気テレパシー療法(手かざし)を行っていたのです。釈迦の入滅から500年間は仏像が作られていません。古代インドは聖なる人の姿を仏像で現すことを避けていたのです。釈迦は仏像信仰とお経信仰は勧めていない。日本は、仏像信仰、お経信仰を850年続けています。諸行無常の鐘は中国の「宋」の時代、日本に渡来しました。除夜の鐘として受け継がれています。釈迦の仏教の原点は、心を幸せにし、病を治す鐘の響きです。日本は戦時中、鐘を強制没収し兵器にした悲しい歴史があります。日本の仏教は、葬式宗教になっています。(2015年死者130万人)

シンギングボウルの 頭蓋骨に鳴り響く高音は 頭蓋骨を緩め 脳神経が活性化 認知症・うつ病を吹き飛ばします

チベット密教の 鐘の響きの音響療法「チベタンボウル」「シンギングボウル」は ヒマラヤ・ネパールの断層地帯の 磁気の強いゼロ磁場で誕生しました。
チベット密教は、鐘の響きとゼロ磁場の聖地で修行し、心を浄化、病を治すのに金属製ボウル「チベタンボウル」が使われました。信仰の心と、病を治す悟りの境地は、チベタンボウルの「鐘の響き」と「ゼロ磁場の磁気」だったのです。
西洋医学が響きとゼロ磁場の磁気を最先端医学に応用しないのは間違っています。

「お寺の鐘」「チベタンボウル」の激しい響きを 飲み物に聴かせると味が変わります 血液が浄化されるのも当然です

チベタンボウル の中に水をはり、缶コーヒー、ワイン、紅茶などの密封の飲み物を入れ、チベタンボウル を響かせると、水の波紋の横波の波動エネルギーが生まれます。ボウルをバチで鳴らすと、響きの波動エネルギーで飲み物が熟成され、深いまろやかな味になり、美味しくなります。
母親の胎児を育てる羊水の響きは、胎児を38℃に温め、羊水を浄化、水分80%の若い細胞を育てます。羊水の響きと、チベタンボウルに学んだゼロ磁場 音響免疫療法の音響チェアの響きも、缶コーヒー、ワイン、紅茶に聴かせると味がまろやかになり、美味しくなります。

血液が浄化されるのは当然です。映画・テレビ・音楽・チベタンボウルの響きも、耳で空気の音ではなく、身体を震わせる響きでなければ意味がありません。

中国政府は 認知症を治すため チベタンボウルの頭蓋骨を緩める 映画・テレビ・音楽の脊髄への倍音の響きの 音響免疫療法を採用

14億人の中国は 認知症対策に音響免疫療法の導入にふみきりました

中国政府は、全国人民代表大会で、老人を大切にするモデル事業として西洋医学の薬では治療できない、老人痴呆(認知症)の予防と治療のため脊髄への映画・テレビ・音楽の響きを応用した、骨導音の響きの音響チェアを採用。「中国老齢事業発展基金」を投入します。
上海市政府は、2018 第8回 上海国際健康産業博覧会に、チベタンボウルの響きのゼロ磁場 音響免疫療法の音響チェアを出展しました。2018年12月12日~14日

血を舐めると 鉄の匂いと味がします血液は強磁性の 鉄イオンを含みます

世界で初めて、映画・テレビ・音楽・シンキングボウルを、耳の鼓膜の紙の響きでなく、生命の急所脊髄から心臓に身体共鳴で響かせ、鼓動を高める羊水の波動エネルギーは、マラソン選手の運動効果で、鼓動と脈動を強化、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱で血液の磁気を高めドロドロの血液を温めサラサラにし、血液の生体磁気作用と血液循環機能を蘇らせます。
世界で初めて生体磁石の磁気を強化、人間の持つ超能力・テレパシーの磁気共鳴の潜在能力を高め、あなたを超能力者にします。磁気の高まりは、さまざまな夢の実現と、不老長寿の夢が叶います。

磁気を高める

血液(強磁性鉄イオン)の「錆び」は磁気作用を劣化させ超能力・テレパシー・霊現象の生体作用を弱めます

『子、怪力、乱神を語らず』神仏の存在や憑依、邪気の真実を語らず。孔子の教えです。
気功師の1000 人以上の磁気エネルギーを生むゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を、中華人民共和国 衛生部中華医学の気功は、5000 年の古い歴史です。中華医学は、気の衰えが病を招くと考えます。

邪気や憑依は有害な気、私たちは血液の鉄イオン(強磁性)の磁気エネルギーを『気』と考えます。錆びた血液の磁気を『邪気』と考えます。気功は、磁気エネルギーに、受け手が共に信頼し、気の磁気エネルギーに共鳴し合うことで、2人の間にゼロ磁場が生まれたときに著しい効果が生まれます。

気功師が長時間磁気エネルギーを送ることは不可能です。なぜなら生命力を弱めるからです。中国は、孔子の教えに学び『子、怪力、乱神を語らず』気のエネルギーと邪気、憑依現象の研究を怠ってきました。磁石・方位磁石は中国で発明されました。
中華人民共和国 衛生部 解放軍総医院301と上海市政府文化局、上海市永楽股?有限公司と共同で、量子力学(物理学)の羊水の波紋のエンターテイメント響きで病を治す中華医学 究極の自己免疫療法に取り組んでいます。

超能力・テレパシー 心を伝えるのは生体磁気共鳴作用です

血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高める、ゼロ磁場 音響免疫療法は急所脊髄への響きは、血液の磁気エネルギーを高め、潜在能力が高まりあなたを超能力者にします。
磁気共鳴作用の高まりは、あなたの様々な夢が、叶えられ、運命と人生が変わります。

祈る女性

響きの摩擦熱で地磁気の磁気エネルギーを発生させ人間の心を変える世界で初めての技術です

羊水の響きで磁気エネルギーを再現するため、柔らかい表面の密度を高めた中空ストロファイバー網構造体を開発。
磁石・コイル・電動版で音を発生させるスピーカーの響きを応用し、ランバーコアの板鳴りの振動の摩擦熱で磁気エネルギーが発生します。

身体共鳴の響きで身体に聴かせ感動を高める 音響システムを開発しました。3 次元網構造体ストロファイバーが響かせる『バイオリンの弦』『パイプオルガンの共鳴管』『光ファイバーの脈動』が産み出すバイオリンの弦の響きや、シンキングボウルの高音の響きを、波紋の横波の羊水の響きを再現。

胎児のように骨導音の身体共鳴現象で身体に聴かせます。ストラディバリウスは、木材の箱鳴りと弦の響きを 極限まで高める為、動物の骨から溶出した生きたニカワで木材を接着。
響きの摩擦熱で、板鳴りの木材を鳴り響かせます。羊水の響きを、生きたニカワの板鳴りの響きで再現しました。接着剤で固めると音は響きません。

中華医学の、治療効果の高い 脊髄・経脈・ツボに羊水の響きを聴かせ胎児のように38℃に温め 血液を浄化 水分80% の若い細胞を育てる西洋医学を超えた羊水の響きのゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法を開発しました。

トップへ戻る