人工音は害になります。人間が求める響きは身体を震わせる音響免疫療法の響きです。
清新世界 健康生活

戦後 日本人を西洋医学の薬漬けに指導したのは
アメリカ政府です

日本人(75億人の世界の人口で日本人は1.2億人)は世界の薬の40 %を消費しています。
第二次世界大戦後 、日本人を薬漬けに指導したのはアメリカ政府です。知ってますか?
借金1000兆円 国家予算100兆円 医療関係50兆円 税収入50兆円
年50兆円の赤字は国債で借金 日本は医療費で潰される

アメリカは戦後6年間 日本人を覚せい剤中毒にしていました

連合軍総司令部(GHQ)は、戦後6年間 日本人を覚醒剤中毒にしました。連合軍総司令部(GHQ)は、1945年(昭和20年)から1951年(昭和26年)の戦後6年間に渡り、中国のアヘン戦争のように日本国民をヒロポン(覚醒剤)漬けにしました。現在の日本の薬漬け医学を作り上げたのはGHQです。1947年(昭和22年)4月23日にヒロポン(覚醒剤)より先に大麻取締規制を行いました。その後、1951年(昭和26年)にヒロポン取締規制を行ったのです。何かおかしいと思いませんか?

あなたは知っていますか?日本の軍隊は太平洋戦争で心の高揚に『ヒロポン』を常用させていました

覚せい剤服用日本は、1941年大日本製薬メタンフェタミン製剤「ヒロポン」(覚醒剤)武田長兵はアンフェタミン製剤「セドリン」(覚醒剤)を海軍、陸軍に大量に納入しました。

特効薬として特攻隊員に菓子袋に入れてカジュアルに支給しました。
製品は、「ヒロポン」の周りをチョコレートで包み『菊のご紋章』を付けて納入していました。

出撃前に注射やチョコレートを特攻隊員に食べさせていました。それを食べた若者は、意気揚々と戦地に出撃し散っていきました。むごい、悲しいことです。これを書くと、涙がでます。

九州の基地では、1036人の特攻隊員に「アンプル」を投与。国を守るため計6000人が玉砕していきました。悲しい事実です。
精神を高揚させ、人間性を失くす「ヒロポン」は慰安婦問題や、南京事件を起こした悲しい現実があります。

日本政府は、大日本製薬 武田長兵商店に、覚醒剤の製造中止を勧告、昭和26年(1951年)覚醒剤取締法が制定されました。
西堀貞夫の父、西堀孝一は軍医として特攻隊のヒロポン支給の恐ろしさを知り、軍上層部に進言、ニューギニアの戦地アインで戦死しました。

この想いが私たちの原点です。患者の会には、この真実を知るたくさんの遺族の方がお見えになります。
映画「永遠の0」では明かせなかった特攻隊員の死の真実。彼らはヒロポンで人間性を失くし玉砕しました。

日本は 認知症の ゾンビ大国

姥捨山伝説を現実にした
認知症を治さない狂った 日本の 老人ホーム

認知症は、自分で自分が病気であることすら忘れます。テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、頭蓋骨を緩めると、言葉・表情の確実な変化がみられます。本人は変化に気がつきませんが、ご家族の皆様は、病状の確実な変化に驚かれます。高齢者の1日の、平均テレビ視聴時間は、約8時間。1日の1/3に相当します。映画・テレビ・音楽を、脊髄から心臓への、羊水の響きで楽しみ、老化した脳細胞を若返らせ、元気にする時代が来たのです。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最後を迎えたいと希望する人が全体の56%にのぼりました。多くの皆さんの在宅医療の夢を叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し、元気にすることを私たちは提案します。

糖尿病・高血圧の病で 生命の大切な川、血液を汚す薬の投与は間違っている

糖尿病・高血圧で生命の大切な川、血液を汚す、西洋医学の薬の投与は間違っています。血液を汚す、薬漬けはさらなる病を招きます。西洋医学は、糖尿病・高血圧・高脂血症の血液の浄化に、お母さんの胎児の尿を浄化する羊水の響きで糖尿病・高血圧を治す響きの研究をしないのが不思議です。
ご自宅でテレビ・映画・音楽を急所脊髄で羊水の響きで楽しみ、糖尿病・高血圧・高脂血症で汚れた血液を浄化する、羊水の響きの自己免疫療法をお勧めします。

トップへ戻る