人工音は害になります。人間が求める響きは身体を震わせる音響免疫療法の響きです。
清新世界 健康生活

認知症は 映画・テレビ・音楽で 頭蓋骨を緩め治す時代です
西洋医学では認知症を治せない

「老人を大切にしない」「認知症を治さない」「老人を薬漬けにする」日本の「医学」「政治」は間違っている
高齢者の1日の平均テレビ視聴時間は8時間。1日の1/3の時間に相当します。テレビ・音楽を倍音の響きで脊髄で楽しみ、脳細胞を若返らせ、認知症を治す夢の時代が到来したのです。平成24年の内閣府調査では、自宅で最期を迎えたいとする人が、全体の56%にのぼりました。多くの老人の在宅医療の願いを叶えるため、ご自宅でテレビ・音楽を毎日楽しみ、認知症の脳を若返らせることをお勧めします。

映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

がいこつ

中国政府は 認知症を映画・テレビ・音楽の脊髄への羊水の響きで治す

病院 お医者さんの薬では 認知症は治せません
糖尿病・高血圧で血液を汚す薬漬けの西洋医学は多くの認知症患者が発症
西洋医学の、糖尿病・高血圧・高脂血症の薬漬けが血液を汚し、臓器の機能が低下、血流が悪くなり、脳血液・脳細胞を劣化させ、多くの認知症患者が生まれた。

「老人を大切にしない」「認知症を治さない」「老人を薬漬けにする」
日本の「医学」「政治」は間違っている

日本の高齢者社会 65歳以上、3,514万人。
医療費 25兆円。認知症患者 800万人。日本は高齢者医療で破綻します。
認知症は 頭蓋骨の締まりによる 脳への血流不足と 脳細胞の磁気の錆びです 錆びを取り除き 頭蓋骨を緩めると 脳は若返ります

認知症は 脳への血流不足と 脳細胞の磁気の錆です
錆を取り除くと 脳は若返ります。脳への血液の血流不良」「低体温による血液の冷え」「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」「頭蓋骨の締まり」が原因。
「シンキングボウルの高音の響きは認知症を治す」
映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

世界で初めて 認知症を 音響チェアに座り映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの響きで頭蓋骨を緩め 脳への血流を増やし 脳細胞を活性化させると認知症が治る

・血液を温め、脳への血流を良くし、脳神経・脳細胞を温め、活性化します。
・疲れた心臓の鼓動を助け、血液を温め、サラサラにし、脳への血流を増やし、サビを取り除き、脳細胞・血液の磁気共鳴作用を高めます。
・腎臓の濾過機能を高め、血液に含まれる尿を浄化、脳への血液を綺麗にします。
・脊髄・骨盤・頭蓋骨を緩め、脳への締まりを取り除きます。

「カハールの呪い」は間違っていた

精神医学の世界では、幻覚より、幻聴が恐怖心と不安を心に招くということが常識です。現実と区別のつかない幻聴により、自殺と殺人を起こすと言われています。脳科学の世界では、「カハールの呪い」が常識となっています。1906年ノーベル医学賞を受賞したスペインの神経科学者サンチアゴ・ラモンイカハールは、一度壊れた脳は再生しないと発表しました。それが100年以上も精神医学の常識となっています。映画・テレビ・音楽を急所心臓に聴かせる、ゼロ磁場 音響免疫療法の響きは、脳内麻薬、生体磁石の生体作用で心と身体を幸せにマインドコントロールします。生体麻薬作用を呼び覚ます響きは、認知症・うつ病の、脳細胞を若返らせます。「カハールの呪い」は間違っていたのです。

認知症をテレビを観て 治す時代です 西洋医学では認知症を治せない 日本は認知症のゾンビ大国

認知症患者は自分の意思で病状を相手に伝え、治療法を決めることができません。無表情、低体温、怒りなど、磁気エネルギーが弱く、相手に悪い印象を与えます。高齢者のテレビの1日平均視聴時間は8時間です。1日の1/3に相当します。毎日テレビを 耳ではなく、脊髄の中枢反射神経で楽しむ ゼロ磁場 音響免疫療法は、老人の老化した脳細胞を若返らせ、元気にします。毎日、音響チェアでテレビを耳ではなく脊髄の感覚器官で楽しむことで、疲れた心臓の鼓動と脈動を助けます。心臓の鼓動を高める響きは、血流を良くし、血液と毛細血管との摩擦熱で、酸化した血液の磁気を高め、ドロドロに汚れた血液を浄化、脳への血流が高まり、脳細胞・脳血液が活性化、老化した脳が若返ります。

映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

TV

生命の大切な川、血液を汚してはいけないのです。日本のお医者さんは、お金儲けのため、製薬会社が開発した、血液を汚す、糖尿病・高血圧・高脂血症の病に薬を投与します。厚生労働省の指示のもとに、健康保険制度を悪用、糖尿病・高血圧・高脂血症の患者に大量の薬を投与、薬漬けにし、認知症を発症させます。薬漬けは、さらなる病気を発症させます。医者の薬漬けは、狂っている。

認知症は テレビ・音楽の響きで 骨盤を震わせ「頭蓋骨」を緩めると治る

認知症患者は自分の意思で病状を相手に伝え、治療法を決めることができません。無表情、低体温、怒りなど、磁気エネルギーが弱く、相手に悪い印象を与えます。高齢者のテレビの1日平均視聴時間は8時間です。1日の1/3に相当します。毎日テレビを 耳ではなく、脊髄の中枢反射神経で楽しむ ゼロ磁場 音響免疫療法は、老人の老化した脳細胞を若返らせ、元気にします。毎日、音響チェアでテレビを耳ではなく脊髄の感覚器官で楽しむことで、疲れた心臓の鼓動と脈動を助けます。心臓の鼓動を高める響きは、血流を良くし、血液と毛細血管との摩擦熱で、酸化した血液の磁気を高め、ドロドロに汚れた血液を浄化、脳への血流が高まり、脳細胞・脳血液が活性化、老化した脳が若返ります。

ご両親を老人ホームや病院に入院させないで、ご自宅で元気にすることが、家族の責任だと思います。ご自宅で、テレビ・音楽を家族と一緒に楽しみ、認知症を治す時代です。 認知症は病院の薬では治せません。

お母さんは仙骨を震わせ骨盤・脊髄・頭蓋骨を緩め赤ちゃんを出産します 頭蓋骨の締まりが脳への血流が悪化 認知症を招くのです

脳認知症の原因は
「脳への血液の血流不良」
「血流不足による脳細胞の劣化」
「低体温による血液の冷え」
「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」
「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」
「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」
「頭蓋骨の締まり」が原因。

認知症本人の変化に、家族の皆様はびっくりされます。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最後を迎えたいと希望する人が全体の56%にのぼりました。多くの皆さんの在宅医療の夢を叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し、元気にすることを私たちは提案します。 シンキングボウルの高音の激しい鐘の響きは 悟りの境地 で認知症の脳を若返らせます 日本は高齢化社会 65歳 以上3,514万人 医療費は25兆円認知症患者800万人 高齢者医療で日本は破産します

ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。厚生労働省の発表によれば、2015年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000円、14兆255億円です。65歳以上は3,514万人で25兆5276億円。日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45兆円。税収入は50兆円。日本は医療費で破綻します。 私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

WHO

認知症の脳梗塞が招く暴力は、老人ホームの大きな問題です

多くの皆様が気づいていない老人ホームの認知症の脳梗塞が招く暴力は大きな問題です。
脳梗塞は脳の毛細血管が詰まり、脳細胞の壊死がおこす病気です。推定患者92万人。特に夏に多く発症します。

今、老人ホームで一番大変なことは、老人の暴力を防ぐことです。
私たちはテレビ、音楽の響きで「脳細胞」「脳の毛細血管」「脳血液」を活性化することで、自己治癒力で簡単に自分で治せる音響免疫療法を推薦します。

老人社会の一番の問題は認知症の脳梗塞による暴力事件を無くすこと。
現在、老人ホームを追い出しにあっている老人が多い現実を日本の医学と介護施設は考えていない。
厚生労働省と医師会は狂っている。対策すら出来ない。狂った日本の医学と老人ホームです。

私たちは怒りを感じています。老人は元気で幸せにピンコロの夢が叶うはずです。日本のマスコミは製薬会社と医師会に協力し国民を薬漬けにしている。

車椅子に乗る老人
いじめ

息子が認知症の母を殺した理由

今の日本を改めて考えさせられます。

車椅子に乗る老人

高齢化社会、老老介護、認知症のニュースを聞くたびに、こんな事件だけは起きて欲しくないと願う事件です。どのニュースも悲しいけれど、誰もがこのニュースに胸を締めつけられました。

家族が認知症になって徘徊をするようになると、仕事を続けるのが難しくなり退職を余儀なくされるケースが多く、急に生活苦が訪れます。頼みの生活保護ではデイケア費や生活費がまかなえないという話もよく耳にします。

この事件の場合は、失業給付金などを理由に生活保護は認められず、カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、失業給付金がストップした日に心中を決意したようです。役所にも3度相談しているが、いずれも「働いて下さい」という言葉だけで何の支援もなかったそう。

せめて、仕事を続けられたらこんな悲しい結末にはならなかったはずです。老老介護、高齢化社会はただそれだけでも、若い世代には経済的負担が大きいですが、認知症で徘徊することが無ければ、仕事を続けて生活をしていけたはずです。

いつかは誰しもが心臓の鼓動が止まります。
その時まで意識はしっかりと!楽しく暮らしてピンコロで逝きたいものです。

老人のボケは『響きの科学』で治る!?

加齢伴う認知症、アルツハイマーは、低体温、脳への血流不足と神経細胞の老化と変性による大脳皮質の委縮が原因です。

認知症、アルツハイマーの患者の血液を、胎児のように38℃に温めドロドロの血液をサラサラにし、脳への血流を増やし、脳細胞と脳の毛細血管を活性化し脳の神経細胞を若返らせると病は自然に治ります。

認知症本人はもちろん、介護で疲れた方も健康にする音響免疫療法です。

・脳血液を温めると、「脳神経」「脳細胞」が温まり活性化します。
・血液が温まりサラサラになると、脳への血流量が増え、脳血液の磁力が高まり、鉄サビが取り除かれます。
・腎臓のろ過機能が高まると、脳への血液がきれいになります。
・頭蓋骨、脊髄、骨盤が緩むと脳の締りが取り除かれ血流が良くなります。
・急所脊髄の響きは、脳内麻薬作用でうつ病を忘れさせます。

トップへ戻る