ACOUSTIC IMMUNOTERAPY SOCIETY

音響免疫療法

お母さんの胎児を育てる 羊水の波紋の響きと 電子レンジの電磁波の 水の波紋の響きは 同じ仲間です響きは胎児を38℃に温め育てます お母さんは安全な電子レンジで、胎児を38℃に温め胎児を育てます。胎児の体温が低下すると、羊水の水を増やし、子宮内圧を高め羊水の水の波紋の響きを高め、水の摩擦熱の響きを強化、胎児を38℃に温めます。羊水の波紋の横波の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の横波は同じ仲間です。お母さんは安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、胎児を育てます。空気の伝える耳で聞く音では、胎児は育たないのです。母親は36℃の低体温です。羊水の波紋の水の波動エネルギーが…

詳しくはこちら
カブトガニの血液は青い銅の血液

カブトガニの血液は青い銅の血液 2億年前から、姿を変えず生きている「カブトガニ」は青い銅の血液です。アメリカの製薬会社は、銅の血液が、細菌・ワクチンの、汚染と培養に有効であることで、毎年アメリカは、生きた「カブトガニ」を60万匹、捕獲され、青い血液が、採血されています。採血の過程で、30%血…

詳しく見る
詳しく見る
銅の響きの音響療法

釈迦は 諸行無常の「銅」の鐘の響きが「血液を浄化 」病気を癒すことを知っていた 釈迦は2600年前、諸行無常の銅の倍音の響きで病気を治していたのです。チベット密教、チベタンボウルの、病を癒す、鐘の倍音の響きの歴史は5000年です。釈迦の仏教の原点は、諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の…

詳しく見る
詳しく見る
音は病気を癒す

2500年前 ギリシャの哲学者「ピタゴラス」は音が病気を癒すと 断言しています 母親の羊水の響きを再現するため、世界で初めて中空ストローファイバー網構造体をスピーカーの人工音で激しく震わせ、バイオリンの弦、パイプオルガンの共鳴管の響きで生演奏のバイオリンの弦の響きに変え、身体に響かせ、羊水の…

詳しく見る
詳しく見る
エンターテイメントを急所脊髄へ

耳でなく 脊髄の感覚器官 中枢神経の響きは映画・テレビ・音楽の世界に 革命を起こす イエス・キリストが聖地ゼロ磁場のエルサレムで施した「手当て」は、磁気エネルギーを応用したテレパシー療法です。ゼロ磁場の聖地エルサレムは、人類を誕生させた大地溝帯の、断層の磁気エネルギーの強いゼロ磁場にあります…

詳しく見る
詳しく見る
スピーカーの人工音は心と身体の害

耳で聞くスピーカーの人工音は心と身体の害になります 映画・テレビ・音楽の業界の皆様は 急所脊髄の感覚器官への 響きが心と身体の病を癒す最先端医学であることを知らなかった耳の感覚器官への響きは、言葉、方向、距離、危険を感じます。感動と感情は、 脊髄で感じるのです。脊髄の感覚器官(中枢反射神経)…

詳しく見る
詳しく見る